6月からラケットサービスが進化していませんでしょうか?

坂さま、
いつもお世話になります。横浜の○○です。
スピンサーブのご教示をありがとうございました。一日で理論に開眼致しました。開店記念のウエアもかっこよくて大満足です!

さて、4月と6月のラケットサービスを比べてみますと、6月に施工して頂いたラケットが魔法が二乗になっていると感じます。二つを握り替えて対戦してみました。練習相手に言わせると別人が打っているようだと。。。特にサーブが跳ねます。50センチ前後高く弾みます。
6月からラケットサービスが進化していませんでしょうか?
(以下略)



6ヶ月毎に進化し続けています。お気づきのように、4月時点の最強&最高は、今は普通以下かも知れません。当然の流れなので敢えて言いませんでした。人類頂点の結果は、握った人間に響きます。テニスで最も重要な武器はラケットの状態であること。初心者でも、感性が生きている限り、瞬時に分かります。

5月14日前のラケットサービスに感動して絶賛した人々が大勢おります。が、あれらが世界一と思っている方々は、遠い過去でプレーしています。進化のスピードが半端ではありません。それが世界最先端テニスです。


筆 USRSAアメリカ合衆国ラケットストリンガー協会 アジアテスター
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

a0201132_10544633.jpg

[PR]
by alexanderhugh | 2015-06-09 17:21 | Voice お便りに応える