鎌倉の人とショップ選びとガット張りについて懇談した際に 2

・結構な割合で、「安ければいい」と漠然と考えている。

・少数が、いい結果と適正価格の整合がいいと考えている。

・その少数派の中では、いい結果は確かに評価するのだけれど、いまひとつコストパフォーマンスの計算ができない人々が過半数いる。

残念なのは、いい結果を、(1)受け入れて、(2)自ら進化して(ほんの少し能動的に変わって)使いこなす前に、安かろうに戻る層。


鎌倉の方は会うたびに進化している。自然体で耳がよく、期待でなく予測する力を持っておられます。自分が進化して、ラケットを使いこなそうと思う気がある。また、冬に会いましょう。
[PR]
by alexanderhugh | 2015-07-13 21:42 | Voice お便りに応える