モンスターキック刷新で朗報

息子のストリングの件、
(中略)2ヶ月経過してまだ切れていません。まだ1ヶ月は持ちそうです。キックサーブの弾みとフォアハンドが従来型と比べて2割り増しでバウンドしているようです。また、打球感が小気味良くて、時間が経った時の鈍さが出ないそうです。贅沢な悩みが打ち消されて本人は満足のようです。


息子さんの場合、一日3時間以上打撃して365日で殆ど休みなし。競技者でランキングは地域で最上位レベル。これまでモンスターキックで2ヶ月毎に張り替えていたが、それが3ヶ月毎になりそう。コスパなんて、小さい評価方法ではなく、誰に勝つか、プレー内容が更に向上するかで評価するのが賢明です。このように、頭が起きている父親は息子さんの戦績を見ながら、ラケットを託す人間を選ぶ。へそを曲げて近くのやっつけガット張り、もしくはシガラミでがんじがらめのガット張りに嵌ることはありません。テニスな選択をすれば、おのずと人間の能力を選んで結果を求めるようになります。

単純明快で自然科学に整合する理を、息子のテニスに取り入れると、戦績は上がり、プレー内容は向上し、怪我がない。ケチる、へそを曲げる。この二点を父親がしなければ、息子のテニスは飛躍する。以上、実例でした。

優勝の壁になっているK君を倒して下さい。刷新されたモンスターキックでなら勝てます。苦手意識を棄てるために、徹底的に倒しておきたいですね。そのストリングなら勝てます。相手は貧相で物真似なガット張りで妥協していますから。
[PR]
by alexanderhugh | 2015-09-19 08:19 | Voice お便りに応える