息子のラケット:Dが凄すぎて何もいえない

息子のラケット
Dが凄すぎて親子共々何の言えない感じで嬉しい限りです。耐久性が群を抜いており、かつてないような耐久力を備えています。驚き+節約+勝利のプレゼントまで付いて次回の大会結果が楽しみです。(以下略)



ストリングの性能についてはお墨付きです。勝てなかった相手に勝つ結果を提供しますので、勝って論理的です。しかし、耐久性に関しては、個人の使い方次第なのでコメントを控えさせて頂きます。ただし、○○さんのように、普通にオフセンターショットを連発しない人からは一切の文句は出ておりません。

大きい大会で優勝し、ランキングが上でも、使い方が雑な人は国内におります。普通に使いますと、誰もが耐久性と性能が異様なまでに持続すると感想を述べられております。そして、ランキングを急速に上げて、尚且つ、今までの一位を撃破したジュニアが数名。

握るものの精度に差がありますから、体格で勝っている一位、練習量で勝っている一位を下して当然と考えます。結果から解釈するとこうなります。プレーヤー間の差は知識の差と結果が出ております。多くの場合は、息子のテニスを支配する父親のショップ選択次第です。戦績と怪我とストリンギングを行うショップの3要因には、完全な相関関係があります。

【ラケットが軽量化されているので、非力な子どもでも労力無くフルスイングできる時代】
固定要因は、息子さんがオフセンターショット(=致命的ミスヒット)を頻繁にする雑なプレーヤーでないこと。理由:ミスヒット多発で切れないストリングは地球上に存在しません。加えて、ミスヒットを頻繁に行うことでフレームは痛みます。


筆 USRSAアメリカ合衆国ラケットストリンガー協会 アジアテスター
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
a0201132_10544633.jpg

[PR]
by alexanderhugh | 2015-10-01 13:33 | Voice お便りに応える