「庭球ネトウヨ」を分析する


 USRSAテスターは、日本人を含む数カ国からの弟子を迎え入れ、徒弟修行で育成しています。先進市場と同じラケットサービス道を教育し、TENNIS本場市場へ修行に送り出します。そして、中国を例外とする東アジアに戻ることなく、そのまま先進TENNIS市場で活躍せよと命じております。庭球で起きる人災、満天下に晒されていない真実がどんなに卑劣で醜くとも、弟子たちは、極東テニス市場の闇を知っておかねばなりません。知って立ち向かう姿勢なくして、他人のラケットに触ること、その一切を禁じる。そう命じております。(以上、徒弟講義音声資料から文字起こし)


テニス小売市場に暗躍する「庭球ネトウヨ」を論理的に分析する

'Human Rights Abuse in Japan's Tennis Retail Market'

 by H. SAKA, USRSA TESTER | Master Racquet Technician | Certified Stringer

 >>>>>Read in English



a0201132_08494255.png

庭球ネトウヨ・Teykyu Netouyo

A Japanese tennis hater | a serious human rights abuser in Japan's tennis retail market   


 (以下、徒弟講義より転載)
a0201132_08094396.png


(はじめに)


 情報は常に操作されている。


 一見普通の人が、カネを目当てに悪魔の走狗になるのは、社会の現実です。あったことをなかったことにする、よいものを買わせずに、買ってはいけないものを買わせる。困った状態の人を騙す。困っていない人を、困った状態に追い込む。騙された人を嗅ぎつけて、更に騙してもっと奪う。


 事実を知るのが始まりではありませんか? そこから初めて他人のラケットに触る資格の重さを知ります。


 他者にラケットを預ける行為はギャンブルです。警戒してラケットを託す人間を選ばなければならない。自分で論理的に考える。感情で判断しない。合理的根拠なく、特に日本人の多数派に追従しないのが肝要です。


 テニスに関する情報と知識は、日付と勝敗以外は、他人の意見であることが多い。誰かが言ったから、とか、どこかで書いてあった、と、口にしない方が好ましい。まして、ネット検索して得意げになって、言って歩かないのが賢明です。正しい知識は対価を払って得るものです。無料で得た知識に喜ぶ癖が付くと、嘘つきで下品なおじさんに至ります。いつものお仲間なら喜んでくれるでしょうが、思考レベルが高い人たちには知性の有無を疑われます。

ーーーーー


(本題)


 多数派を構成する大半が実際は「フォロワー」でしかありません。感情で物事を判断する人たちです。合理的思考ができないので簡単に流されます。市場参加者に一定数います。割合は、市場成熟度が低いと俄然増えます。多数派が正しいと思い込むのは時に危険です。特に社会学と心理学では、語り尽くされてきました。国内テニス市場でフォロワーを意図的に煽り、思惑へ誘導する一握りの衆がいます。


 それが庭球ネトウヨ(Teykyu Netouyo / a Japanese Human Rights Abuser)です。主にインターネット上で、誹謗、中傷と、詐欺と、その結果ひきおこす実質的な脅迫(以下脅迫)を職業にしており、心理学を応用して扇動と、人騙しをします。個人攻撃の文章を、一人が複数の一般人を装い、インターネット上でばら撒きます。標的に直接、電子メールで脅迫文を送りつけることもあります。標的を攻撃しているのは、大勢の国民なのだと、市場で最も多い層のフォロワーたちに、思い込ませるのです。フォロワーの中でも思考レベルが低い連中が、そういうリンチ行為に興奮して喜びます。複数で一人を人権攻撃する。そういう集団心理で暴力へ参加して喜ぶ、又は、安全な位置からリンチを眺めるのが好きな層が、国内テニス市場のフォロワー層にいます。犯罪マニュアルに書かれた通りの、人を効果的に扇動し、騙し、洗脳し、操るための、常套手段です。非人道的暴力に、おもしろがって食いつくのは、特に粗暴で知性を持たないフォロワーです。


 一方、フォロワーではなく、合理的思考ができるテニス消費者が確かにいます。が、極東テニス市場には、いかんせん数が少ないので、絶滅が危惧されます。庭球ネトウヨの戦法はこうです。そういう貴重なテニス消費者層に対して「なんだこれは? うゎ、ずいぶん汚い日本語だな、本当だろうか? どうして一人が叩かれているのだろう? でも面倒だな、気持ち悪いな、関わり合いたくないな、興味があったけれど、読むのをやめておこうか」と、思わせるのです。庭球ネトウヨは、真面目に正当な主張をする人に粘着して付き纏い、インターネット上で罵倒と醜聞で汚しまくります。何年でも、二十年でも、繰り返し悪意をぶつけて標的を人格攻撃します。それを読む、まともな日本人テニス愛好者を、ひどく嫌な気分にさせて、世界で通用する正しい知識へ、近づけないようにします。これが、犯罪商売マニュアルに書かれた通りの、人騙しのテクニックです。標的を自殺させるか、職を放棄させるまで攻撃を続けます。こうして、市場のレベルは益々劣化させられます。悪意のある商売が、やり易くなります。庭球ネトウヨとその背後の者にとって、都合の良い環境が長く続きます。先進国なみに、消費者に利益が広まる市場にはなりえません。庭球ネトウヨは、軽度の精神障害を持つ犯罪者です。本当に単独犯でしょうか? 悪意には年数と量的な際限がありません。


 庭球ネトウヨはプロの犯罪者です。犯罪の足跡が残らないように、IPアドレスを改竄して、「ワシントンD.C.」や「皇居」にする確信犯です。殺人幇助までさせられるのに、日本人フォロワーたちは気づきもせずに、ネトウヨにそそのかされます。


 犯罪商売マニュアルによれば、市場参加者の大多数を騙して市場全体を没落させるには、有能な人間への人格総攻撃が最も有効な手段です。極東テニスのように、小規模で隔離された市場では、特に有効です。市場でトップの有能な識者、特出した技術者を抹殺すれば、後は騙し天国。抹殺するやり方は、犯罪テクニックを用います。日本で大変貴重な、合理的思考ができる、数少ないテニス消費者でさえ、二十年から二十五年かければ殲滅が可能です。市場で一人か二人いれば多いであろう、真面目に正当な主張をする人に粘着して付き纏い、インターネット上で人格攻撃を二十年繰り返すのです。そうすると、日本人の中でTENNISを理解しようとして真摯に取り組んでいた優秀な愛好者たちでさえ、寿命が来て、だんだんと、正しい知識、世界で通用する知識が霞んで行きます。TENNIS文化が日本の土地に根付いていないのですから、頷ける結果です。これが、日本テニス市場の潰し方です。庭球ネトウヨは、犯罪マニュアル通りに、人騙しを遂行します。自分たちに都合の良い商売ができます。日本テニス小売市場を永久の闇にするのは、人格攻撃と人権攻撃の使い分けです。正しい知識とそれに興味を抱く人たちを殲滅するのです。殲滅するために、国内テニス小売市場で最も多いフォロワー層を利用します。その土地では、次世代の才能と共に、人権が殺され、葬り去られます。人権殺しは、二度目の殺人と呼ばれます。人権なき市場の末路とも言えるでしょう。


 国内テニス市場で安定して最大の割合を占めるフォロワーは、所謂普通の方たちです。なので、個人攻撃されている人が「悪い人」なのだと感情で決めつける者たちが、フォロワーの中でも下の層から現れます。それでも、なかなか扇動されない中間より上の層のフォロワーの攻略は、人格攻撃を使います。市場から抹殺したい標的を人格攻撃すると、日本人の大半はやがて「あいつが悪いやつで決まりだ!」となります。醜聞ネタと中傷で、標的の人格を徹底して攻撃します。日本人フォロワー層をねこそぎ騙すには、チョロい手です。一旦「悪いやつ」と決めつけると、フォロワー層は、多数派がひっくり返らない限り考えを改めません。フォロワー層が、ネトウヨに煽られて、いとも簡単に影響される様は、言わずと知れた習性です。庭球ネトウヨに、人騙しは日常の仕事です。日本において凡人は「出る杭」ではありません。能力の競争がなく、才能の対立もなく、利害関係者がほぼゼロです。他者から攻撃される機会と経験がありません。特出した才能と、高い能力に激しく嫉妬する連中から、潰されそうになったことがないので、ネトウヨが攻撃する理由を見抜けないのです。まして、感情で物事を判断しますから、庭球ネトウヨに感情を弄られて、易々と騙されます。


 凡人どころではない、愚鈍な層が「積極的フォロワー」です。最も厄介で、最も自覚がない、論理で制御が不可能な人たち、TENNIS文化が日本に根付くハードルに自ら望んでなる層です。そして、最も思考が雑な日本人層です。合理的思考とは無縁のため、庭球ネトウヨにコロコロ騙されて鉄砲玉になります。噂話やデマが好きな人たちです。フォロワーの中でも知的レベルが最下層の為、庭球ネトウヨに操られてリンチに加わる兵隊になります。例えばSNS、掲示板、コメント欄のカキコミ、ブログで個人攻撃されている人権被害者を見つけると、わざわざ出向いて、「あなた、人格攻撃されてるよ、めっちゃくちゃだよ、知らないようだから私が教えてあげる」云々と、ゴロツキ芸能レポーターよろしく、覗き趣味を自慢するありさまです。妻子がいて経済的勝ち組で、ヘイトクライムに参加しながらインテリを自称するヤマトンチューなら、お下劣なジョークです。遠く安全な場所から、シレッと、村社会の常識を振りかざし、自分より能力が高い人物の人権を踏みつける。自分が偽善者のみならず、殺人幇助をする犯罪者になる自覚がありません。無教養全開です。下衆の極み。いつ頃から、人権侵害が日本国民の伝統になりましたでしょうか。17世紀から、平均的日本人の人権意識は変わらないのでしょうか? G7に相応しい先進国では、起こりえない人権軽視です。日本でラケットを握る、一部愛好者の民度は、凄まじく厳しいものがあります。


 フォロワーの感情を弄って、思惑へと誘導する。これが「詐欺」の手口です。誹謗中傷の書き込みを長期間繰り返す。これが「似非右翼」の手口です。庭球ネトウヨの商売は「詐欺と暴力的右翼街宣の組み合わせ」です。詐欺とは心理学を応用した犯罪テクニックで、マニュアルが実在します。


 庭球ネトウヨは、脅迫に関しては似非右翼ぶりを発揮し、昼間は国内テニス業界人として客と接します。攻撃対象との間に利害関係があります。醜聞の拡散による個人攻撃が、庭球ネトウヨに利益を生みます。カネが儲かるから長期間攻撃します。標的を脅し、萎縮させて、何年かかっても自殺に追い込みます。醜聞ネタで客を遠ざけ、標的の会社と店を潰します。手段を選ばずに、廃業に追い込む。文字通り、鬼畜の所業です。


 個人攻撃して、その結果、自殺か廃業へ追い込む。存在を抹殺する。庭球ネトウヨの犯罪目標です。達成のために、思考レベルが最下層のフォロワーを引き連れます。庭球ネトウヨはテニス業界人です。TENNISという外来文化を、血まみれの両手で汚す犯罪者です。しかし、単独犯でしょうか? ポッと出て、ポッと消える単独犯ではない場合は、市場の腐敗度が、かなり昔に、深刻なレベルを超えていたと伺えます。業界には流通の上流と下流があります。庭球ネトウヨの位置とその雇用関係が、この市場の闇を更に深くします。


 なぜ庭球ネトウヨは、自分の勤務先と名前を伏せて、反社会活動をするのでしょうか? カネだけが目的の単独犯なら、実名を明かして、個人攻撃を拡散しても構わないでしょう。執拗に何年もインターネット工作を続ける確信犯ですから、取引先と客たちに顔出しする覚悟があって不思議ではありません。庭球ネトウヨは標的を自殺に追い込み、会社を潰し、店を潰し、社員とその家族を路頭に迷わせる凶悪愉快犯です。人がもだえ苦しむ様を見るために犯罪を繰り返します。凶悪な犯罪者は、残忍さの度合いで自分を英雄視しますので、庭球ネトウヨは顔出ししたい筈です。国内テニス市場が産み落とした人権犯罪の実行犯として、顔出しするのが「格」を上げるチャンスです。テニス市場規模では小さな極東で、人権攻撃をやりまくった、シリアルキラーの名が歴史に残ります。単独犯ではない場合は、組織と共犯者がいるので、居直って顔出しができません。単独犯に対し、共犯、組織的と種類分けがあります。庭球ネトウヨ、精神病質者は、標的をとことん苦しめ、追い込み、殺めるために、裏で徹底的に人権犯罪を重ねます。


 庭球ネトウヨが、個人攻撃を行う第一の動機はカネ。人権犯罪が生業です。独身なら自分の生活、妻子がいるネトウヨは、世帯主として犯罪をする。人権被害者と、その家族、社員たちの犠牲の上に、庭球ネトウヨはカネ儲けをします。庭球ネトウヨは、多くの人権を破壊しながら、自分の妻、自分の子供と接します。


 カネ儲け以外に、第二の動機があります。


 TENNIS文化慣習への「怨嗟」です。執拗に攻撃し脅迫する精神的な支柱です。猛烈な妬みと怨念がTENNIS文化にあるから、病的に、執拗に、個人への人権攻撃と脅迫に人生を費やします。TENNIS文化が日本に根付く邪魔をしており、道義的罪が重いので、簡単には顔出ししません。昼間はいい人に扮して客と接し、人権犯罪者の顔を隠して、善人を演じます。SNSでは、親切な商売人を装います。


 第三の動機は「人権攻撃で得る快楽」です。庭球ネトウヨは性的満足と同レベルで、人権攻撃をエクスタシーを得る手段とします。他者の人権を破壊する攻撃で、快楽の絶頂に達するのです。被害者に死を選ばせるまで攻撃する精神構造。執拗で容赦のない、一般人には想像が及ばない、長きに渡る人権攻撃は、サイコパスの証です。庭球ネトウヨが活動してから今日まで、日本で生まれた次世代の、その多くの偉大な可能性を葬った庭球ネトウヨ。これからも、次世代が生み出すであろう、成功と努力の全てを葬る庭球ネトウヨ。テニスで最も貴重で、テニスの主役である次世代を、鬼畜の所業で、徹底的に傷つける存在。それが日本テニス小売市場の業界人、庭球ネトウヨとネトウヨと連携する共犯者です。日本テニス市場を未来永劫闇に追いやる、反社会性パーソナリティ障害の持ち主です。


(1)庭球ネトウヨは、テニス業界人です。

(2)庭球ネトウヨは、軽度の精神障害を持つ人権犯罪者です。

(3)庭球ネトウヨは、誹謗中傷と詐欺と脅迫が職業です。

(4)庭球ネトウヨは、取引先や客と接する商売人の顔と、人権犯罪者の顔を使い分けます。

(5)庭球ネトウヨは、少人数です。

(6)庭球ネトウヨは、一人で複数の一般消費者を装います。

(7)庭球ネトウヨは、面白がって人権攻撃に加勢するフォロワーを兵隊にします。

(8)兵隊が犯す罪は、詐欺、威力業務妨害、殺人幇助。

(9)庭球ネトウヨは、標的を自殺か廃業に追い込むまで攻撃します。(店潰し、会社潰し、殺人)

(10)庭球ネトウヨが、人権破壊を繰り返す動機は三つ、「カネ儲け」「怨嗟」「快楽」。


 そそのかされて、庭球ネトウヨを職業にするテニス消費者はいません。フォロワーの中でも最下層が、庭球ネトウヨを支持します。マスター・アンド・サーバント。庭球ネトウヨと主従関係を結ぶのが「積極的フォロワー」です。個人の人権を攻撃するファンタシーを共有します。稚拙な動機で、きっかけは、妬みと、憂さ晴らしです。フォロワーの中でも、人権意識がなく、感情で動く人たちです。あくまで、マッチポンプと、自作自演でフォロワーを従える主は、庭球ネトウヨです。心理学を応用した洗脳と詐欺マニュアルに従って、個人攻撃の尻馬に乗る「積極的フォロワー」を操ります。庭球ネトウヨが演出するインターネット攻撃で、「積極的フォロワー」たちは踊ります。標的を憎んで叩くのは、多くの日本人に違いないと、思いたいから思い込むのです。大勢で標的を叩くのだから、標的は絶対に「悪いやつだ」「リンチにかけて良いやつだ」と、人権犯罪を肯定したいから、無理やり断定します。そこまで思考が崩壊し、感情の大部分までもが劣化したのが、「積極的フォロワー」です。これが、紛れもなく、テニス愛好者の中の最下層に属するフォロワーです。人権犯罪者にあこがれる「積極的フォロワー」たちは、庭球ネトウヨにシンパシーを抱いており、標的への人権攻撃を擁護します。まんまと洗脳されて、自ら兵隊になってリンチに参加し、人権犯罪を手伝います。「積極的フォロワー」たちが人権犯罪(先進国の市民感覚では最も卑劣な犯罪の一つと捉えられている)共犯者になってくれるから、ネトウヨは人権攻撃が面白くて仕方がないのです。人権を血祭りにあげる地獄舞踏会は、テニス愛好者とは名ばかりの中高年男が、輪の中心で踊り狂います。先進国ではヘイトクライムと呼ばれます。庭球ネトウヨと、「積極的フォロワー」がネット上で起こす人権犯罪は、そのおぞましさ、前近代的野蛮性で、TENNIS先進国の理解を超えます。何より無残なのは、TENNISを育む思想と精神が踏みにじられ、最優先すべき次世代環境が、人権犯罪者の意図的な悪意と憎悪によって地獄絵図にされた現状です。人権犯罪がこのレベルまで容認され放置されたテニス小売市場は、テニス亜種とは言え、TENNIS史の汚点、地上に残された地獄です。


 近頃では、「個人攻撃の求人サイト」があります。SNS、コメント欄、掲示板への誹謗と中傷の書き込み、と、個人攻撃を綴ったブログ記事で報酬が支払われます。ブログ記事は最も報酬が高く、庭球ネトウヨの中でもプロの仕事場です。いつもの、標的の人権を痛めつける文章と、人格潰しが目的の醜聞のばら撒きではなく、あの手この手を使います。少し知的な雰囲気のある文章を発信します。あたかも自分が生みだした理論かのように、標的と類似の主張を講釈してネット上に残します。真似して、なりすまして、のっとる。標的の信用を落とすのが狙いです。詐欺マニュアルと、犯罪テクニックを駆使するのです。フォロワーを更に煽って市場全体を劣化させます。残された、まともな日本人テニス愛好者層を、絶滅させたいのでしょう。


 世界人類の監視から逃れ、強固に守られた日本語。その日本語で書かれた、おぞましい誹謗と中傷の数々、卑劣な個人攻撃、人類の発展を全否定する人権破壊は、もはやネットで稼ぐイージーマネー職業です。日本語を、ここまで恐ろしい悪魔のツールにした庭球ネトウヨの所業。日本語圏でまともな教養を持つ人間なら、例えテニスに関心がなくとも、国内テニス市場に浸透したヘイトクライムに、憤りと怒りを覚えることでしょう。いいえ、むしろ、日本のテニスとは縁のない人の方が、異常さを理解します。


 庭球ネトウヨは、TENNIS先進国では人権犯罪者です。人権攻撃に執着する動機を裏付けるコンプレックスがあります。おいたちは、高校は、どこの大学で何を経験したのか、インテリジェンスのレベルは、どういうルートで日本テニス業界に入ったか、勤務する会社名は、店舗名は、どの知識レベルの客が相手か、役職は、実績は、難易度の高い国家資格は取得したか、世界市場で通用する職業資格を持つのか、業務内容は転職しても誇れるのか、等、遍歴から垣間見える「精神病質、サイコパシー」を忘れてはなりません。凶悪犯罪者には、犯罪に至る精神のゆがみがあります。その道で一流を極めるために、本場TENNIS市場で修行をしなかった。悔しい、憎い、能力が高い奴を引き摺り下ろしたい。簡単なカネが欲しい。頭にくるから、能力の高い奴を、テニス市場から抹殺してやりたい。庭球ネトウヨにとって、能力が上の人間が復讐の標的です。だから、狡猾な手段で人騙しに走る。それがネトウヨの心理。仕事として脅迫文や攻撃文をインターネット上に日本語で書き込み続ける。狡く、汚く、真実を叩くのを心底楽しんでいるのです。


 多くの人々に正しい情報と利益が広まらないようにする。結果、次世代の可能性と次世代に必要不可欠な環境を潰す。庭球ネトウヨは、TENNIS文化を愚弄し、卑しめ、未来永劫極東にTENNIS文化が根付かないように心血を注ぎます。庭球ネトウヨにとって、人権攻撃の二十年ごときは、まだ序の口です。庭球ネトウヨの犯罪行為が最も非人道的なのは、次世代の人権に手をかけたことです。庭球ネトウヨが日本テニス小売業界から人権犯罪を繰り返すのは、次世代の成功を徹底して潰すのが長期的目標です。日本でラケットを握る、握るであろう子供達の人権を潰すからこそ、庭球ネトウヨの存在と生業が保障されます。今も、これからも、日本で生まれた子供達に手をかけます。親が子供の人権を守ろうとするのは誰もが想像します。が、プロの犯罪者を甘くみてはなりません。子供可愛さの親の感情につけ入るために、どんな演技でもして見せます。どこまでも正論を吐き、雄弁にもなるでしょう。親の資金力は、長期の売り上げに直結します。喉から手が出るほど囲いたい客層です。親を積極的フォロワーにすれば、子供の人権はどうにでも弄れます。親の学力、親の考え方、経済的地位、感情の出し方、ヘイトクライム容認度、客意識の強さ、詐欺への警戒心は、庭球ネトウヨがリサーチして攻略します。元々フォロワー層なら、親をおとすのは確実です。


 これが国内テニス小売市場の隠しきれない実態です。庭球ネトウヨの人権犯罪は、闇に止まらず、表に出て久しいのです。ヘイトクライムを擁護する「積極的フォロワー」に支えられ、人権攻撃を実質容認する「フォロワー」を取り込もうと、人騙しテクニックに磨きをかけます。


 庭球ネトウヨを定義付けし、正体と狙いを詳細に分析する。感情を省いて論理で理解し評価するのが知性です。庭球ネトウヨの正体を知らなければ、他者のラケットは預かれないし、消費者は他人にラケットを託せるはずがないのです。汚いもの、愚劣な者に関わり合いたくないのが人の心理。しかし、汚くなりすぎた市場環境では避ける隙間がもうありません。


 国内テニス流通の半分が集中する首都圏で、テニス小売店の目立った廃業、倒産、破産の流れが止まる気配がありません。庭球ネトウヨによる長年の人権破壊活動が叶って、日本テニス市場は十分に劣化しました。インストラクター業が無傷ではありません。市場の両輪、あくまで同時進行です。テニスブームどころか、誰の目にも明らかな、衰退です。


 国内テニス小売市場で最大を占めるフォロワーは、テニスの出費で頻繁に損をします。デマが好きで、客意識が強く、次世代への寛容さに欠け、テニスで大事なことを誠実に学ぶ姿勢がありません。だから、合理的思考をしないのです。日本語で隔離された島国ですから、島内で多数派に属してさえいれば怖いものがないのです。むしろ、それが島内で生きる喜びであり、ラケットを握る目的にさえします。上から守られている心地よさ、多数派への帰属を確認する安心感なのでしょう。出る杭を大勢で叩くのを団結の手法とするのは、人権のない前近代コミュニティーの証左です。TENNIS文化と慣習が、発展した思想と精神には、日本でラケットを握った初日から、か、途中から興味がないのです。市場参加者の異様なまでの無関心が、市場を滅ぼした病巣です。テニス店を廃業に追い込んだり、次世代の人権を破壊するネトウヨを飼っている市場ですから、民度は推して知るべしです。いつまでたっても人権が軽視される市場に、先進国市場から関心は寄せられておりません。 >>>>>Read in English


a0201132_08315689.png





[PR]
by alexanderhugh | 2017-12-28 11:43 | プロストリンガー徒弟
<< Serious Human R... 弟子たちのその後 >>



USRSAオフィシャルテスター|USRSAマスターラケットテクニシャン|アメリカ合衆国ラケットストリンガー協会認定ストリンガー
by alexanderhugh
著作権プロストリンガー
a0201132_18280475.png

早朝6時から深夜0時まで対応
a0201132_13444798.png

a0201132_17350885.png

a0201132_18311237.png

a0201132_09000140.png

a0201132_18411271.png

a0201132_18235027.png

a0201132_12070074.png

a0201132_13224473.png

a0201132_21184211.png
外部リンク
フォロー中のブログ
suzy's bar
BE TRUE ~I ...
さまようテニスプレイヤー...
realなtennisを...
悔いのないないテニス人生を
カテゴリ
全体
Racquet Service
アカデミー
MANTISラケット
Voice お便りに応える
グラフィンラジカルとスピード
ナチュラルガット
庭球ネトウヨ
デビス杯、USオープン
グリップテープ&アクセサリー
Apprentice
Annuals
Your Witness
プロストリンガー徒弟
カスタムオーダーラケット&ストリング
未分類
記事ランキング
ブログジャンル