三権分立がない地の市場では、地獄が起こり続ける。

May 13th, 2017

物事、人物、事象を、事実で判断する近代人が定着し二度と離れないテニス拠点。
言うまでもなく、全てがオリジナル。
カスタム仕上げ以外は、tennisでは意味がない。

一方、デマと印象で何事も判断する衆は、ガット張りで一生を終える。
学ぶ気のない衆を救える人間はこの世にいない。
商売人が卵を産み付けるボディが役割と、知ろうが知るまいが、既に時間は使い果たしている。
三権分立がない市場では、地獄が起こり続ける。

a0201132_14450595.png


【テニスで起きる地獄の定義】:自分の能力を実技表現で出力できない状態。コートで自分未満を晒すという、テニスでは最も避けたい状態を指す。テニスに取り組む人間が意識して乗り越える課題で、テニス思考に限定して宿る概念。


[PR]
by alexanderhugh | 2017-05-13 10:00 | Voice お便りに応える