CEOが作りたくて仕方なくて世に出したラケット
a0201132_19103011.png
MANTIS TOUR 305
〜英国人CEOが作りたくて仕方なくて世に出したラケット

もうこのビームとストリングパターンと重量を見たら、明らかなわけです。死ぬほど食いつくようなシャフトとフェイス面を再登場させたかったのですよ。それで、間違えたのが、「扁平グリップ形状にした」、ただその一点です。

120%扁平グリップではダメです。形状交換するのが鉄則です。

分からないまま買った人は、大体捨ててしまいましたね。ラケットを売るって、捨てると同義語ですよ。

ラケットのアストンマーチンを売るって、手放したらダメでしょうが。最初からそういう前提で買う人って、愛も思慮もないですよね。あぁ、そうそう、いかさまっぽい合理主義を、よーくお口から発します。冷酷な勝ち組っていうのですか、日本語で。

頭の悪い真似はしないでください。このラケットは、社長が作りたくて仕方なかったモデルです。価値が高いですよ。社長が死ぬまでパーツを供給するでしょう。あなたが死ぬまで握れるってことです。

a0201132_09201662.jpg



[PR]
by alexanderhugh | 2018-07-12 10:30 | MANTISラケット
<< 人とテニスショップの法則 グリップに人間の正体が出る >>



USRSAオフィシャルテスター|USRSAマスターラケットテクニシャン|アメリカ合衆国ラケットストリンガー協会認定ストリンガー
by (c) PRO STRINGER (c)プロストリンガー
著作権プロストリンガー
外部リンク
フォロー中のブログ
suzy's bar
BE TRUE ~I ...
さまようテニスプレイヤー...
realなtennisを...
悔いのないないテニス人生を
カテゴリ
全体
Racquet Service
アカデミー
MANTISラケット
Voice お便りに応える
グラフィンラジカルとスピード
GUT
庭球ネトウヨ
デビス杯、USオープン
テニス消耗品
Annuals+アルタナティブ
Apprentice
WESTWOOD Tennis Club
Your Witness
プロストリンガー徒弟
カスタムオーダーラケット&ストリング
庭球ファシズム|ジジイ的醜悪さ
HEAD PRESTIGE
仕事の評価
American Baseliner
ガットの張替え時期
NEW BALANCE
テンション
グリップフィッティング
新黄金比適応化技術
asics
ナチュラルガットハイブリッド37選
ガット張りという悪意
小説
運動療法とテニス
BABOLAT
未分類
記事ランキング
ブログジャンル