人気ブログランキング |
カテゴリ:お客様の声( 68 )
はい、頭がよい人は皆そう言います

a0201132_17251812.png
プロストリンガー様

ラケット、昨日届きました。早速、振動止めなしでボールを突いてみました。感動です。全くボールの重さを感じません 。爽やかな打球音を残して離れて行きます。ラケットがより軽く感じました。更に凄いのは、・・・・・・・・・・・・・。
長い年月、遅ればせながら御店を知り得たこと、幸せに感じます。ありがとうございました。
ーーー

頭がよい人は皆そう言います。更に頭がよい人は、地獄との差を忘れません。
a0201132_12473263.png
a0201132_17133006.png
ガット張りを支えるのは、テニス文化への嘲笑
「どうせ科学的な裏付けは役に立たないんだよ」、「お前たちは現実を知らない女子供だ」、「俺たち勝ち組が広めた通説の勝ちなんだよ」と、品性が態度に表れます。誠実にテニスに取り組む人間ができるのは、彼らの低い知性と愚劣な魂に向かって、静かに笑い返してあげることです。



by alexanderhugh | 2019-03-13 10:02 | お客様の声
バカの壁を越えたオトコ2:「文章を読まない」
頭が悪いとは、「故意でなった状態」を指す

頭が悪いとは「自らの意思で至る状態」である。学びを否定する思考である。したがって、ろくでもない親不孝者である。普通はバカの壁は越えない。しかし、とことん頭を悪くすると越えるのである。この状態のオトコが経済的勝ち組を気取ると、恐ろしい庭球コミュニティーができあがる。

頭が悪いオトコの共通項

文章を読まない。まずもって、読まない。読むのは、「エロとデマぐらいであろうか」と万人を推測させるほど、読まない。実際、噂話しとデマが大好きなのだ。特に中傷や他人の不幸が一番好き。権威的ないかさまマーケティング標語が、もちろん好きである。頭を過度に悪くしたオトコは、次に挙げる言動を行う。

知的レベルが低いヒトほど、ネットで誹謗中傷される対象が「悪いヒト」だと思い込む傾向が強い。もっとバカになると、その被害者の元に出向いて、「悪口を言われるのはあなたに非がある」とテロ行動に出る。故意に頭を悪くしたので、そうせずにはいられない衝動にかられるのである。そして、何度でも過ちを繰り返す。そのオトコの頭の悪さには、もはや害があるのである。

笑えない、日本で起きる話である。頭が悪いオトコは、秀でた能力を持たないので、妬みの定義を調べたことがないのである。非常に頭が悪いので、感情に呑まれるのである。自分可愛さの感情である。可愛すぎて事実を曲げるのである。論点を自らずらして、罪を重ねることに、無自覚なのである。己がする人権侵害が、公序良俗だと信じているのである。地球を代表するアホである。


歴史的なバカさ加減

その典型は、特定の人物を誹謗中傷する人数が日本語圏に多いと思い込むのである。たった数名が、何百人、何千人の世論を偽装するのを知らないバカなのである。その数名は、商売で誹謗中傷を書き散らかすのだ。品性下劣、日本の最下層の商売である。周知の事実を見抜けない間抜けオトコなのである。悪意に乗って害を撒き散らすバカに成り下がったのが、このステレオタイプの頭が悪いオトコなのである。歴史的なバカさ加減である。

オトコが学びを捨てると、地の底まで思考が堕ちる。要するに、真面目な文章を読まないから、頭を随分と悪くしたのである。頭が悪いにも関わらず、金儲けには十人力に貪欲なので、そこそこ経済的勝ち組を気取れている場合はタチが悪い。害があるとも言える。

頭が悪いオトコは、本物とパチモンを見分けない

a0201132_12202689.jpg
パチモンを擁護する。自分が可愛くて仕方がないから、パチモンを選んだ自分を可愛がるのである。理性を排除して感情で判断するのがモットーなのである。なぜなら、害があるバカだからである。繰り返す。頭が悪いとは「自らの意思で至る状態」である。したがって、ろくでもない親不孝者である。親が同類ならば、ご先祖様愚弄にあたる。

つづく





by alexanderhugh | 2019-03-12 10:30 | お客様の声
バカの壁を越えたオトコ1:「嘘のテンションに馴れる」
頭が悪いとは、「故意でなった状態」を指す

「自らの意思で至る状態」である。更には、デファクトスタンダード(de fact standard)は、気取って作る基準ではない。にも関わらず、故意に頭を悪くした場合は、嘘のテンションを勝手に作ってガット張りを買う。


嘘つきテンション、嘘つきオトコ

推奨テンションの下限を下回る、ガット張りと称する買い物に馴れきったオトコが、推奨テンション内のテンションにクレームをつけます。クレームを付ける経緯と根拠はこうだ。

1. 仲良し庭球コムレードに、「50 lbs.以上は非常識」だと言われた。
2. 仲良し庭球コムレードに、「そのショップに騙されている」と言われた。
3. 仲良し庭球コムレードに、「50 lbs.を受け入れる君は変わっているね」と言われた。
4. 仲良し庭球コムレードに、「マックスで 45 lbs. 辺りが普通だよ」と言われた。
5. 仲良し庭球コムレードに、「君が試合でボールを潰しきれていないのは、50 lbs.のせいだよ」と言われた。
6. 仲良し庭球コムレードに、「結果、そのショップは嘘つきだよ」と言われた。
7. 仲良し庭球コムレードに、「言いたくなかったけれど、君が大事な仲間だから、君のために言ってあげたよ」と言われた。

上記1~7が、このオトコが組み立てた論拠。

a0201132_08570661.jpg
ラケットメーカー指定推奨テンション:50-59 lbs.
最下段右端

世界が同感する結論:

事実をなかったことにする。数字を改ざんする。勝手にとんでもない嘘を創作する。嘘を糊塗するために、また嘘をつく。ちいさい、ちいさい、日本語圏のとてもちいさい庭球市場で、嘘をつく。要するにバカなのである。嘘つきなのである。泥棒の始まりなのである。バカは安全と信じる輪の中から吠えるのが好きで、信念も気迫もない。自分で考えることを放棄して生きるのである。詐術を身につけ、処世術を真似て、喜んでいるのである。バカは生まれながらではない。故意になった状態を指す。したがって、ろくでもない親不孝者である。
a0201132_12202689.jpg

つづく

a0201132_12473263.png

a0201132_17133006.png
ガット張りを支えるのは、テニス文化への嘲笑
「どうせ科学的な裏付けは役に立たないんだよ」、「お前たちは現実を知らない女子供だ」、「俺たち勝ち組が広めた通説の勝ちなんだよ」と、品性が態度に表れます。誠実にテニスに取り組む人間ができるのは、彼らの低い知性と愚劣な魂に向かって、静かに笑い返してあげることです。



by alexanderhugh | 2019-03-12 10:28 | お客様の声
パチラケを買わない希少な人々
ええ、確かにパチラケを歓楽街で買わない日本人は希少です。本物の状態を握ろうと思う点が、普通の日本人ではない。テニスに関して軽薄でないのは、知力がずば抜けて高いからです。
a0201132_07253664.png
名品Graphene Touch Radical MP
スペック完全同一3本、引き渡し日、施工前
a0201132_18221480.png

by alexanderhugh | 2019-03-10 10:22 | お客様の声
角切れの定義と正体

定 義
ガット張りと称するサービスを近所で買って、早晩フレーム付近でストリングが断裂する病気。

正 体
角切れは命を盗られないガン。ただし、テニスを辞めさせるガン。無知としがらみ消費の中で産まれる。

対 応
治す手段(決め手となる限定的やり方)、あるいは、方法(全体的なやり方や計画を含める)がある。

難 度
知識、技術共に高難度が故に、治すのが非常に難しい。が、最短6ヶ月最長12ヶ月で完治する事例が138件ある。治すには、本人と家族側の「客意識」と店側の「商売根性」が最大の妨げになる。

実 際
根治を決断する半数は、基盤となる意思が有耶無耶になって、本人と家族側が根治を諦めて終わる。終わるとは、ガット張りと称する利便性の消費に戻り、テニスで成し遂げたい目標を下げて、やがて目的を見失う場合を指す。あっという間にジュニア年齢期間は終了する。中途で諦めたツケは二十歳頃に出る。
a0201132_08041126.jpg
角切れの関連記事
a0201132_06450340.png
a0201132_17133006.png
死んだラケットを運ぶヒト
駅で、街中で、通学路で、死んだラケットを運ぶヒトを、あなたは昨日見ました。明日も見ます。科学的な根拠が曖昧な標語を、マーケティングテクニックで刷り込まれて、洗脳の中で買い物をします。殺してもらったラケットを背負った学生が、与えられたジョーシキを疑いもせず、同じ口調と、同じ表情で、標語を唱えます。社会人が、通勤電車で、学生と同じ夢を見ます。死んだラケットに尊厳を与えず、もっと損傷しようと、引き摺り回します。
a0201132_09565741.png

by alexanderhugh | 2019-03-08 10:00 | お客様の声
テニスブームは起きていない

競技テニスの頂点と実際のテニス市場は別物

a0201132_07453789.jpg
ブームが起きているなら、国内大手テニス代理店が売上減な理由は?衰退による再編が起きている。庭球小売店数が2000年頃までに増加した一方で、テニスコート環境は90年過ぎから悪化の一途を辿り、2018年のマーケティング庭球ブームに至る。

a0201132_07453424.jpg

10代がテニス継続を諦める理由

実際は、小学生がテニスをしたい時に月額5万円コースの庭球塾固定費が必要。テニスはあらゆるスポーツの中でも難しい部類に入る。コートに立つための道具が多く、テクノロジー変化が早い種目で、日本では特にハードルが高い。日本ではもともと高等学校体育で普及し、その後も富裕層が対象。今でもその傾向(用品の伝統的高物価とテニスコート環境)に変わりがない。

よくある実例を紹介すると、角切れが理由で(競技志向の)テニス継続を諦める10代がいる。ガット張りと称するサービスを近所で買って、翌日から早晩フレーム付近でストリングが断裂する病気。これが2年続くと出費がご両親を圧迫する。やむおえずテニスを辞めざるをえない家庭がある。角切れという病気を治さずに、せっかく始めたテニスを、本来は掛からない不必要な消費が理由で断念。ちゃんと調べて、行って、会って、聞いて、取り組めば治った病気が、利便性で買い物を済ませてしまったがために辞める結論に至る。角切れは死なないガン。ただし、テニスを辞めさせるガン。しがらみ消費の中で産まれる。猛威を振るっている。

a0201132_09102380.jpg
おもしろいのは、富裕層は近所で小金を使って放置。中流層と貧困層が角切れに掛かると2年でテニスから去る。辞めた10代が必要なのは知識と近所からの脱出だった。島国で育つと、しがらみから出るのが難しい。

a0201132_06450340.png
a0201132_17133006.png
死んだラケットを運ぶヒト
駅で、街中で、通学路で、死んだラケットを運ぶヒトを、あなたは昨日見ました。明日も見ます。科学的な根拠が曖昧な標語を、マーケティングテクニックで刷り込まれて、洗脳の中で買い物をします。殺してもらったラケットを背負った学生が、与えられたジョーシキを疑いもせず、同じ口調と、同じ表情で、標語を唱えます。社会人が、通勤電車で、学生と同じ夢を見ます。死んだラケットに尊厳を与えず、もっと損傷しようと、引き摺り回します。
a0201132_09565741.png

by alexanderhugh | 2019-03-07 10:45 | お客様の声
問:なぜ歓楽街でラケットを買うの?

'Serious Human Rights Abusers are more active than ever before in Japan's tennis retail market.'

さて、極東テニス愛好者が嫌いな学び資料です
【引用:"Fictitious reasons Far East Tennis has created" 米国掲載|USRSAテスター著】

答え1:歓楽街が安売りテニスの中心地

ラケットをどこで買うか? 最高値と最安値の価格差は、たかだか数千円。人的クオリティーが入るか入らないかで、結果には雲泥の差がでます。テニスで一番重要なラケットをケチったら、本当にバカみたいです。人生に無駄なことが沢山ありますよね。テニスでは安物とパチもの買いがそれです。歓楽街でテニス市場の質的衰退が見てとれます。

答え2:ラケット買いでケチると言うより、歓楽街依存症と診断するのが正解

具体的にみていきましょう。利便性でラケットを買う。これが最も多い低レベルの間違いです。そこに肝心の人的クオリティーがありません。オークションやそれ擬(もど)きでラケットを買うのは違う理由でダメ。ラケットの素性が悪いからです。

ヒトを選んで買うのが世界常識。日本で何が通用していようが、大概が屁理屈なので実戦でモノになりません。どれだけ真面目な生き方を嫌悪するのか知りませんが、考えが浅い買い物をやめるほうが良いです。

いいえ、実はもう手遅れなのです。歓楽街でのラケット買いが風俗化しました。テニス勝ち組の没落です。ラケット売りが水商売と化しました。

答え3:日本テニス独特の自己愛性パーソナリティー障害と歓楽街でラケット買い

利便性を叫んで、酒場と風俗店が並ぶ繁華街でラケットを買うのは、東京のハイソサエティーを自負する愛好者が陥る夜遊びの延長と判断してください。おチャラけ合って真面目なラケットの状態が造れるほど、ラケットスポーツの王たるテニスは簡単ではありません。

幾ら何でも、ラケットの状態と表現力の相関関係を知らな過ぎです。ラケットはどこで買っても同じだとか、ガット張りは誰がやっても同じなど、オカルトも休み休みにしてください。

無知と居直りにも程々というのがある。歓楽街でラケットを買うのをステータスとするのは、新自由主義思想の成れの果て。権威主義でおカネに余裕があるヒトがラケットを握ると、ホストを求めるかのように歓楽街でラケットを買い求める傾向にあります。

答え4:自己愛性パーソナリティ障害なヒトのテニス消費

自己愛性パーソナリティー障害なヒトがテニス愛好者である場合、言い訳口調とスイングに傾向が表れます。ストリングをガットと呼び、銘柄でガットを買う、テンションは推奨値より低くする。これだけとっても悲惨な学力低下。驚くべきことに平成から徐々に定着し、西暦二千年からは完全に根付いた日本の常識です。基礎的な科学認識以前に直感で気づくべき誤り。もはや大卒の価値を疑うレベル。

答え5:科学否定と歓楽街依存

客観的な科学を否定しますから、自己愛性パーソナリティー障害なヒトのスイングは類似します。思い込みが自己都合で、同じ考えのお友達で周りを固める平素の傾向から、経済力や資力でヒトを評価するようです。誇りの基準は家柄、社会的地位、財産、居住地、所属組織名なのでしょう。自ずと東京では歓楽街をテニス消費の縄張りとします。歓楽街がステータスの一部なのです。世界からみると、自称勝ち組テニス愛好者の主張と行動はテニス亜種カルトです。

理性を棄てる街が 勝ち組テニスのステータス

衰退する国内テニス小売市場では、何でも有りになりました。テクニック第一主義の植民地成り上がり術。立場を守る為には手段を厭わない処世術。

当然のごとくテニス消費が水商売に組み込まれました。小さなテニス市場で栄華を誇った勝ち組が歓楽街依存症。そして高齢化。思考から着衣まで、示し合わせた通りに画一的。その画一性の皮を一枚剥がすと、「私たちがこの市場の仕組みと文化を作った。この社交場で騒いで食い散らかして好き勝手する権利がある。相続権は立場の守り方を授けた直系の継承者に与えた。汚れものは下々の者たちが片付けておれ」の本心が露わになる。

日本のテニスコートから二十代の感性が消えた現実。理性を棄てる歓楽街が勝ち組テニスのステータス、そして、安売りテニスの中心地。国内テニス市場で二番目に異様な部分が、世界屈指の無関心層に露出します。

【引用:"Fictitious reasons Far East Tennis has created" USRSAテスター著】
a0201132_12473263.png
a0201132_17133006.png
ガット張りを支えるのは、テニス文化への嘲笑
「どうせ科学的な裏付けは役に立たないんだよ」、「お前たちは現実を知らない女子供だ」、「俺たち勝ち組が広めた通説の勝ちなんだよ」と、態度に表れます。誠実にテニスに取り組む人間ができるのは、彼らの低い知性と愚劣な魂に向かって、静かに笑い返してあげることです。
a0201132_09341041.png

by alexanderhugh | 2019-03-03 10:57 | お客様の声
問:どうして日本人はガットのテンションが地球上の残りの人々より大幅に低いの?

さて、極東テニス愛好者が嫌いな学び資料です
【引用:"Fictitious reasons Far East Tennis has created" 米国掲載|USRSAテスター著】

答え1:伝統的に、日本ではテンションがヒトを殺します。

答え2:科学的な事実は、推奨枠内のテンションが理由で体への不具合は出ません。

答え3:ヒトの生き死にの問題は、感情を全て排除して理性だけで判断します。

参考:HEAD Graphene 360 Speed MP (48-57 lbs.)

参考:HEAD Graphene Touch Radical MP (48-57 lbs.)

参考:MANTIS PS 285 (46-60 lbs.)

参考:BABOLAT PURE AERO (23-27kg|51-60 lbs.)

ヒトは同じ考えの仲間でテニスコートに群れると、基礎的な科学を全否定する祭りをしたがります。生贄の祭りです。テンションの低さは無知の感情的最高潮と言えるでしょう。これが極めて危険です。ラケット製造者が設定した、最低基準値を下回るテンションに、物理的、かつ、集団心理的に慣れることにより、凡庸な日本人テニス愛好者を暴徒へと掻き立てるのです。

推奨テンション値には枠があり、その枠内のテンションで仕上げるのが世界テニス常識です。推奨値の下限を下回るテンションはタブー。タブーでなかったのは、1990年まで。2019年現在のラケット製造テクノロジーでは、下限を下回ってストリングを設置する理由は見つからない。枠内のテンション値で腕に来ることも、まともなストリング管理状態であれば、怪我をすることもありえないのです。推奨値が48-57 lbs.のラケットに57lbs.でストリングを設置した場合に、テンションが理由で体に支障が出ることはありません。テンション以外の理由を疑うべきです。


しかし、何を言っても無駄です。感情が先に来るので、理性でテンションを理解するヒトはおりません。

腕が痛い→テンションが適正枠内だから悪い


これが普通の結末です。これが結末ですから、日本のテニス市場はテンションに関してオカルトです。ちなみに、戦勝国アメリカで、テンション裁判をした場合に、推奨テンション枠内で仕上げたラケットが怪我の原因になったとはなりません。適正テンションが理由で怪我をしたと訴える原告が敗訴し、裁判費用は原告持ちです。逆に被告に反訴される場合がありえます。テニス先進市場は揉め事は山ほどありますが、テンションに関してオカルトは通用しません。前述のように、テンション以外の理由を疑うべきです。その方が遥かに建設的で解決が早い。

考えられるのは二つ。一、腕の痛みによる感情の暴走 二、無知と集団心理

自動車のタイヤ空気圧に例えれば分かりやすい。タイヤに設定された最低空気圧が2キロのところを、地域では皆が1.4キロにしているとしよう。1.4キロを常識とする全住民は、2キロに充填する整備士をリンチにかけようと決議するのです。それが日本テニスの集団心理とテンションの危険。仲間が根拠のないデマを焚きつけるのです。

1.4キロの空気圧に慣れた全住民です。科学的、かつ、物理的に、空気圧2キロが適正、かつ、安全なのが明らかです。しかし、これは無知ではないヒトの理解。無知が、2キロに充填した整備士を非難するのです。カネを返せ、おまえのせいで体が痛いぞ、腕を痛めた、腰を痛めた、血祭りに上げるぞと、苦情を訴えるのです。

空気圧2キロが整備不良であるというデマが、住民の間ではデマではないのです。住民は空気圧2キロを理由に騒ぐのです。無知の騒乱です。無知によるリンチです。無知が人をも殺す。無知が二十一世紀を中世に変えるのです。平凡なサラリーマンが、島原でキリシタンを拷問にかける光景を想起させます。

【引用:"Fictitious reasons Far East Tennis has created" USRSAテスター著】
a0201132_09341041.png

by alexanderhugh | 2019-03-02 12:20 | お客様の声
問:どうせ死ぬのに、なぜテニスの一番大事な部分でケチるの?
'Serious Human Rights Abusers are more active than ever before in Japan's tennis retail market.'

さて、無関心層に縁がない学び資料です

答え:
皆と同じにしているだけです。自分で考えるヒトはいません。それを勝ち組みの「カタ」と皆で決めたのです。世界ではどう考えるのか、関心ありません。本音は勝ち組に属するのが目的でテニスは手段です。「勝ち負け」がラケットを握るテーマだから、勝ち組でいるために、テニスで一番大事な部分で躊躇(ちゅうちょ)なくケチるのです。一連の本意がバレないようにする所作(しょさ)が、勝ち組が日本的で美しいとする「カタ」なのです。

【引用:"Fictitious reasons Far East Tennis has created" USRSAテスター著】

a0201132_09341041.png

by alexanderhugh | 2019-03-01 10:15 | お客様の声
サービスガットはおっちゃんのはじまり

サービスガットって何よ?

「取りあえず付けておくけれど、直ぐにちゃんとしたガットと取り替えてね」っていう、ラケットを買う時にタダで付けて差し上げるガットのことです。買う人に分かりやすくする為に創作したらしいですが、「ガットは銘柄で買え」という標語の起源がこれですね。日本テニス小売市場伝統のサービスガット。人間から尊厳を奪います。


おっちゃんの言い分は雑

「ガットは銘柄で買え」は、ニッポンのおっちゃんの言い分であって、TENNIS先進市場では子供を騙せませんね。先進国でこれを押し通すのはアウトです。例えばTENNIS発祥の地フランスでは、高校生が親と一緒にデモに参加する慣習があります。大人が根拠を説明しないと高校生はデモに参加しませんよ。まずはストリングをガットと呼ぶ理由の説明から始めてください。「ガットは銘柄で買え」、「ポリガットは一回か遅くとも一ヶ月で替えろ」の、物理的、かつ、科学的な根拠を一度くらい、まともに述べていただきたいと、日本の教育を受けていない高校生は思いますよね。

おっちゃんのガットに関するスピ系ネトウヨな考えには、説得力がありません。戦中の匂いがします。力づくとか陰湿な苛めで、主権者たる国民を分断して、少数派をねじ伏せたのでしょうが、ラケットの状態で人間の可能性を奪い、人間を不幸にして、何が面白いのでしょう?何ですか、この極東の前時代は一体。何もなかったようにして、知らん振りを決め込むのがおっちゃんです。こざかしい標語を定着させて、食い散らかして、環境を根絶やしにして、後は貴様らが片付けろと。こういう手口で、正当な考えを叩き、可能性を持った若者をテニスコートから追いやりました。


スピリチュアル系ネトウヨ思想

ニッポンのおっちゃんは、テニスにスピリチュアル系ネトウヨ思想を持ち込んで、若年層を弄りました。新自由主義、新保守主義が蔓延する社会では、おっちゃんにとって調子が良かったのです。非人間的通説が跋扈して楽しかったでしょうね。

しかし、スピ系ネトウヨ庭球祭りが、永久に続くとは、余りに低脳すぎて、想像できません。一つの証左には、おっちゃんが余りに無茶を押し通すので、見識ある20代がいなくなりました。

ニッポンのおっちゃんは、先進テニス市場の慣習と文化をカルト扱いして弾劾します。おっちゃんは日本語に守られています。小さい市場で、無関心層がおっちゃんを赦します。おっちゃんが、ネトウヨ庭球祭りで音頭をとるカルトです。ジェントルマンではありません。立派な日本人でもありません。

おっちゃんは、処世術で生きています。実は自分のこと、自分のカネ、自分の立場だけです。他者に与えようなんて、これっぽっちも脳裏にありません。TENNIS文化への理解の意思がないどころか、徹底してバカにしています。

ニッポンのおっちゃんの蛮行を受け入れるのは、冷笑組と無関心層です。「俺たちはこれでやって来たんだ」、「俺たちは成功者だ」、と、反知性主義の鉈を振りかざして性根を露出します。

市場規模を見誤り、テニスコート数を見誤り、テニスブームだとうそぶき、ぺんぺん草しか生えないまでに食い散らかしました。差別主義にも程がある、ニッポンのおっちゃんです。


a0201132_12473263.png
a0201132_17133006.png
ガット張りを支えるのは、テニス文化への嘲笑
「どうせ科学的な裏付けは役に立たないんだよ」、「お前たちは現実を知らない女子供だ」、「俺たちマジョリティが広めた通説の勝ちなんだよ」と、態度に表れます。誠実にテニスに取り組む人間ができるのは、彼らの低い知性に向かって、静かに笑い返してあげることです。

宣伝の原則は、結論を絞り、それを感情に訴えかける標語にする。大衆に知性を使わせるのは誤り。標語は最も程度の低い者たちの受容力に合わせる。絶え間なく我々の意のままにするために、標語を執拗に繰り返せばよい。アドルフ ヒトラー
by alexanderhugh | 2019-02-18 10:05 | お客様の声



USRSA TESTER | Master Racquet Technician | University of San Diego (B.B.A)
by プロストリンガー
弊店の屋号『プロストリンガー』を名乗る人物・業者にご注意ください
 2018年8月14日
 プロストリンガー店主
 創業1989年
a0201132_11520187.png
Truth is universal. That is why it is called Truth. But "their curse" says it is not in Japan.
a0201132_13350638.png
a0201132_09243558.png
プロストリンガー公式ウェブサイトはSSL保護されています(クリックして移動)

Address:
6-21-10 Higashi-Ueno Taito, TOKYO
03-5246-4465
Closed Wednesday
水曜定休
shop@prostringer.com

Reservations & Hours:
15 min. to get your racket strung by USRSA TESTER.
a0201132_09404705.jpg
プロストリンガーでは砂入り人工芝用シューズはアシックスを推奨します >>>ご注文を承ります
a0201132_11503531.png
a0201132_21575067.jpg
a0201132_13073755.png
a0201132_17350885.png
a0201132_18311237.png
a0201132_09000140.png
a0201132_18411271.png
a0201132_18235027.png
Books written by H.Saka, USRSA TESTER.
a0201132_12070074.png

a0201132_13224473.png

カスタムオーダーラケット発注フォーム
a0201132_15581799.png

a0201132_16044419.png
外部リンク
フォロー中のブログ
suzy's bar
BE TRUE ~I ...
さまようテニスプレイヤー...
realなtennisを...
悔いのないないテニス人生を
カテゴリ
全体
Racquet Service
アカデミー
MANTISラケット
お客様の声
グラフィンラジカルとスピード
GUT
庭球ネトウヨ
デビス杯、USオープン
テニスアクセサリー
Apprentice
Annuals+アルタナティブ
diadora
WESTWOOD Tennis Club
Your_Witness
プロストリンガー徒弟
カスタムオーダーラケット&ストリング
庭球ファシズム&庭球バンドワゴン
HEAD PRESTIGE
仕事の評価
American Baseliner
ガットの張替え時期
NEW BALANCE
テンション
グリップフィッティング
新黄金比適応化技術
asics
ナチュラルガットとハイブリッド37選
ガット張りという悪意
小説
運動療法とテニス
BABOLAT
スイングウエイト
St. Christopher
ABSOLUTION TECH.
JAPANESE ELITE GATTO
GREAT STRINGS
スピンフロー・プロストリンガー
未分類
記事ランキング
ブログジャンル