カテゴリ:お客様の声( 63 )
プロストリンガー近くの史跡とお立ち寄り場所 その2
上野東照宮(1627年創建)
・おばけ灯篭と48基の銅灯篭
おばけ灯篭は日本三大灯篭の一つ。他、諸大名から寄進された銅灯篭が48基。藤堂高虎はじめ、徳川御三家からの寄進。

江戸初期の日本史、特に藤堂高虎に関心があるお方におすすめ。高虎の墓は上野動物園内にある。
a0201132_17110166.jpg
上野東照宮、プロストリンガーから徒歩20分)

a0201132_18221480.png

by alexanderhugh | 2019-02-03 11:06 | お客様の声
プロストリンガー近くの史跡とお立ち寄り場所 その1
a0201132_15050757.jpg歌舞伎の演目「極付播随長兵衛きわめつきばんずいちょうべえ

主人公、播随院長兵衛・ばんずいいんちょうべい【本名、塚本伊太郎(1622-1657)】の墓が、プロストリンガーから徒歩30秒の浄土宗・源空寺にあります。日本の侠客の元祖といわれる人物です。(画)歌川国芳

「極付播随長兵衛は、歌舞伎で知られた演目。「播随院長兵衛 おまちなせい」で1974年にテレビドラマ化されています。

長兵衛の墓の隣には、高橋至時(天文学者)、伊能忠敬(地理学者)、谷文晁(画家)の墓が並んでいます。

歌舞伎と日本史に関心があるお方は、お立ち寄りになってはいかがでしょうか。


a0201132_14375989.jpg
播随院長兵衛(1622-1657) 夫妻の墓
2019年1月 源空寺墓地で撮影
(プロストリンガーから徒歩30秒)

a0201132_18221480.png

by alexanderhugh | 2019-01-28 10:30 | お客様の声
ラケットのバンパーだけを交換する
a0201132_19395191.jpg日本テニスの非常識が、TENNIS先進市場で常識

モデル発売後4、5年すると、バンパーグロメットを輸入代理店は持っておらず、ラケットは捨てることになります。

ただし、ご安心ください。日本では交換するヒトは、ほぼ皆無です。元グリップだって一生替えませんから、手間のかかる交換は、口にするのもタブーです。これは日本の伝統です。伝統には価値観とプライドの総意があるので、変わることがありません。総意を破ったら村八分ですから、尚更、掟を守ります。

ラケットの購入先がテニスステータス
MANTISのバンパーグロメットは、(2019年現在)定価が他メーカーの二分の一以下です。写真の PRO 295Ⅲ と PS 300Ⅲ は、バンパーのみ交換が必要で、残りは交換不要でした。結果、四分の一の費用で済みました。日本では非常識ですが、マスターショップでは普通です。

「バンパーとグロメットを交換するのは精神病」という前時代
MANTIS純正パーツは過去現在の全モデルが交換対象です。必要なパーツは、必要な部分だけ、必要な時に、交換させていただきます。精神病の戯言のように聞こえますが、先進テニス市場では精神異常者ではありません。怖いですね、場所が変わると、常識人がシリアルキラーで、詐欺師がテニス博士です。嘘つきにならないと、いつも損をしますね。

ヒトと違うのは命の危険?・・・すごい同調圧力ですね。さすが村社会。
「バンパーとグロメットを交換するのは精神病」と、心に刻みましょうか?普通の人は、交換したことを、これまで通り仲間に内密にした方がよいでしょう。神経質だとか、変態カルトだとか、知恵遅れだとか、苛烈ないじめの対象になるのがおちです。日本に生きる限り、村八分にならない為の処世術ですね。ヒトと違うことをして、自死に追い込まれたら、テニスが日常と同じになってしまいます。テニスでヒトと違うことをしたらやられる。普通の人の気持ちが良くわかります。

いじめで母子心中(2018年11月 日本)
河北新報
a0201132_18221480.png


a0201132_06450340.png
a0201132_17133006.png
死んだラケットを運ぶヒト
駅で、街中で、通学路で、死んだラケットを運ぶヒトを、あなたは今日見ました。科学的な根拠が曖昧な標語を、マーケティングテクニックで刷り込まれて、洗脳の中で買い物をします。殺してもらったラケットを背負った学生が、与えられたジョーシキを疑いもせず、同じ口調と、同じ表情で、標語を唱えます。社会人が、通勤電車で、学生と同じ夢を見ます。死んだラケットに尊厳を与えず、もっと損傷しようと、引き摺り回します。




by alexanderhugh | 2019-01-22 10:39 | お客様の声
一般的に市販品ラケットは、そのままで使えたレベルではない
「購入先を選ばないと怖い」
カスタムオーダーでラケットを手にしたオーナーの感想。
a0201132_12552459.jpg

値段が同じなのに、クオリティーに差
オーダー品と言っても、値段は変わりません。パチモン好き、か、そうでないか、の違いです。前者が過半なのは周知です。むしろ、パチモンを買った人は、後でちゃんとしようとすると、四割り増しくらい余計にかかります。する人も、したいと思う人もいないので、放置プレーが普通です。

市販品は大量生産で、やっつけの組み立ての上に、出荷されてはいけないモノが流通に混在しています。見えない所で、コストを徹底削減するのが平常運転です。商品名で買うのが、日本のテニス消費の最大マジョリティーなので、中身を気にかける人はいません。やっつけを掴まされる確率は運だとか、想像されるでしょうが、現実は甘くありません。

同じ口調の日本テニス人
手抜きをして儲ける、人件費を削りに削って儲けるという、基本の考え方が社会常識で、実際にそう動いているのは明白です。上辺の体裁つくりが宣伝なので、売る側と買う側が、嘘をつき合っているとお考えください。日本でテニスをする人は、部活やクラブで活動する学生から、テニスを職業にする人まで、なぜか同じ単語を使い、同じ言い回しをし、同じ文章の構成で、同じ口調で、ちゃら風を演じます。トークの色合い、や、内容の軽さ、で意気投合して、客とショップがマッチングしています。TENNIS先進市場と比べると、多様性がなく、異質度が増す市場です。

産業恐慌が見えている日本のテニス小売市場
日本のテニス人口は元々多くありません。長いこと勘違いする日本人が多かったのです。その上、過去8年, 際立って過去6年で激減しました。日本の最高学府で学問を積まれた各位はご存知のように、統計というのは時に危険です。日本の20代が壊滅した理由が、言葉にできないほど致命的です。彼らはまだ生きていますが、テニス趣味に戻ることはありません。「若い世代が犠牲になる市場に発展はない」と、TENNIS先進市場の業界団体から不安視されているのが、今日の日本テニス小売市場です。日本のテニス消費者は、ご自身の客観的なお立場に気がついておられませんが、何を隠そう、当事者です。「消費者は例外なく市場を構成する当事者である」という物理的、かつ、構造的事実に、お気づきになられるお人は、これからも増えないと思われます。
a0201132_18221480.png

a0201132_06573482.png
a0201132_10460425.png
日本のテニス消費者特有のバンドワゴン効果
「ヒトと同じ考えで、同じ単語を喋り、同じガットを買っておけば、失敗があっても心配がない」という国内テニス消費者特有の心理は、コートで自分未満を晒す原因になる。



by alexanderhugh | 2019-01-21 10:14 | お客様の声
<お客様の声>プロツアープロでテンションが低すぎました
a0201132_20461841.png<18歳が過去8年を振り返った悔しさ>
自分のラケットのRec.Tensionは47から57ポンドです。以前はプロツアープロで43か45ポンドでした。今思うと低すぎました。いやな癖がついて(以下略

立場を守る為に、tennis文化を悪用して良いのでしょうか? 

「権力」と「暴力」には卑屈に振る舞い、「弱い者」と「少数」には尊大に振る舞う。見下す対象を、とことん攻撃する。隠れて攻撃する快感で悦になれるのでしょうか。対象を排除する為、あるいは、自殺に追い込む為に虐める努力を日々積み重ねる。それを生き甲斐とする高齢者もいるのでしょうか?

ちゃらく、限りなくチャラチャラとテニスをやる。権力側に属して嫌がらせるテニスを楽しむ。「世渡り上手」が頭の良い生き方とされていますよね。お金儲けの為に、他人の子供の顔を晒し、泣かせたり、恩を着せたり、物語を作って、自分の立場を演出する。偉い人は、立場を守る為に、子供を食い物にするのでしょうか。

弊店は、年に一人救えば十分です。無関心を辞めた一人を救うのは大変な労力です。

あなたが子供時代の8年間は、取り戻せませんよね。この環境を誰も変えないし、向こう何世紀も続きますよね。悔しく思い出して当然だと思いますよ。低すぎるテンションで変なスイングになって、負け癖がつき、今直すのが大変で、狡い人に支配された8年間がなんだったのかと、18歳で確信してしまったのですから。8年間、違うものを握って大金を費やし、楽しいはずの成長期を過ごしたのだから、その膨大なマイナスを取り戻すのに何年かかりますか?

健康な若者なのだから、テンションを正しくしたかったですよね?

なぜ他人が、あなたの人生を邪魔するのですか?あなたの幸せはあなたのものです。あなたが100%まともですよ。あなたの思いは全て正しい。そう考えることすらを、否定されて、8年間過ごしましたね。一体、どこまで地獄ですか?立場を守る為に、tennis文化を悪用して、子供の可能性を犠牲にして良いのでしょうか? 

Definition of fascism|ファシズムの定義
a political philosophy, movement, or regime (such as that of the Fascisti) that exalts nation and often race above the individual and that stands for a centralized autocratic government headed by a dictatorial leader, severe economic and social regimentation, and forcible suppression of opposition

a0201132_18221480.png
a0201132_06450340.png
a0201132_17133006.png
駅で、街中で、通学路で、死んだラケットを運ぶ人を、あなたは今日見ました。科学的な根拠が曖昧な標語を、マーケティングテクニックで刷り込まれて、洗脳の中で買い物をします。死んだラケットを背負った学生が、与えられたジョーシキを疑いもせず、同じ口調と、同じ表情で、標語を唱えます。社会人が、通勤電車で、学生と同じ夢を見ます。死んだラケットに尊厳を与えず、もっと損傷しようと、引き摺り回します。

by alexanderhugh | 2019-01-17 10:38 | お客様の声
ガット張りで魂が傷つく理由
a0201132_12245584.png
a0201132_14215010.pngガット張りは、人間性を失う買い物であると、確信した人間が東アジアに僅かにいる。本物を握ってコートに立つことが、TENNIS成就に不可欠と気づく人間は、次のことを体験する。

他人に託した己のラケットが戻り、改めて手にした時に、そこに(A)知性、(B)誠意、(C)丁寧さに加えて、(D)芸術性を感じ取るのだ。強いレベルで四つを感じる時に、唯一、握ったものには力がある。

ガット張りで、魂が傷つくと知った人間は、地獄に戻ろうとしない。地獄は妬みに牽引された情念と悪意が作り、無関心層が毒牙にかかる。一旦奪い盗られた人間性を、奇跡的に取り戻した人間は、以後の生き方が強い。

a0201132_06450340.png
a0201132_17133006.png
ガット張りを支えるのは、テニス文化への嘲笑。「どうせ科学的な裏付けは役に立たないんだよ」、「お前たちは現実を知らない女子供だ」、「俺たちマジョリティが広めた通説の勝ちなんだよ」と、態度に表れます。誠実にテニスに取り組む人間ができるのは、彼らの低い知性に向かって、静かに笑い返してあげることです。

by alexanderhugh | 2019-01-14 12:41 | お客様の声
はい、ガット張りにクオリティーを求めたらバカにされます
a0201132_13324234.png
まずは、・・・・・・のストリングの件ですが、仰る通りREDLINEの方がとても使い易かったです。REDLINEは硬質な打球感とスピンがかかりやすく快適でした。残りもREDLINEでお願いします。

恐ろしいことに、来店した方が結果が突出して優れているのは確かです。目の前で待っている間に施工するという不可能を可能にしています。分かる人には分かる稀有な取引モデルです。ラケット持ち込んで、どこかで時間を潰して、戻って、払って、帰るという従属モデルに慣れた消費者は理解しません。大抵の消費者はクオリティーに無関心です。むしろ、クオリティーを求める人はバカにされます。テニスで人間を表現する為に、握るものに最善の質を求めると、気が狂った人のように扱われるのが日本の現実です。

a0201132_16110476.png
a0201132_13155211.png
a0201132_10460425.png
「ヒトと同じ考えで、同じ単語を喋り、同じガットを買っておけば、失敗があっても心配がない」という国内テニス消費者特有の心理は、コートで自分未満を晒す原因になる。

by alexanderhugh | 2019-01-08 11:53 | お客様の声
DIADORAセール会員5割引
シューズ、ウエア5割引(なくなり次第に終了する品番がございます)
2018年後期品番を明記してご発注ください。
アカデミー各位はスポンサードアパレルがSt. Christopherですので、シューズのみにしてくださいますようお願いいたします。
a0201132_21575067.jpg

by alexanderhugh | 2019-01-08 11:03 | お客様の声
首都圏のガット張り難民とショップ離れ
a0201132_13324234.png
かつて日本ではテニスブームという現象があり、趣味が一応謳歌される時期が二回あった。その頃、「ガットは三ヶ月で張り替えよ」が通説で、人々は従っていた。それが、日本のテニスと縁がなかった大手メディア発信と共に、「一ヶ月で張り替えよう」が聞こえて来た。

国内で二足早く、産業恐慌が始まったテニス小売市場では、実店舗数が減る傾向。目立った破産と廃業がある。首都圏で小規模の統計を複数とると、テニス趣味への支出が減少している。エリアに限らず進行中。年間で五千円以内の出費で遊んでいる男性中高年が中心。ショップの利用価値はシューズのみという中高年男性が結構いる。「グリップテープはラケットに必要がない」という男性軍が出現している。かつては駅前ショップでセール用のアクセサリー品を購入していたらしいが、そのショップ群も姿を消した。日本のテニス消費は、世代と経済的位置で明らかな格差が出来ており、中間層がなくなりつつある。中間層より上が、テニススクールという日本特有のスポーツクラブに属する。消費もそこで済ませる。敢えてショップに行く意思がないし、必要もない。最も打撃を受けたのは二十代で、テニス環境が整わない国内では、学校施設が利用できなくなる年齢になるとテニス趣味自体を辞めるのが普通。

ガット張りはというと、毎日角切れするジュニアプレーヤーが激増した一方で、男女問わず還暦以降は、「基本張り替えない」が標準。万が一張り替えが必要になった場合は、サークル内の調達係がちょこちょこっとやって売り与える。「ウエアはジャージ」が標準の都下エリアもある。

恐ろしいことに、代理店やテニスメーカー筋は、この層を6、7年前に切り捨てた節がある。四割に近づこうとしているこの層が、実際に四割を超えるのは遠くない。そうなれば、消費しない層が最大マジョリティーである。

ガット張り難民とは、「どの店に行ってもガットが毎日切れて困り果てているジュニアとその親御さん」と、「駅前ショップがなくなって利便性を失った社会人」。後者はまもなくテニスを辞める年齢。両者共に、地理的な利便性が判断基準。銘柄でガットを買う習慣が浸透したので、買った内容は問わない。問うのは余程しっかり考える人で稀有。

統計で見えた結果がある。公立小学校の校庭で月数百円で遊べるサークルに入り、一応シューズだけはテニス用を揃えて運動する。服装は運動着。こういう日本特有の体系が完成されたと言える。これがテニスなのか、テニス亜種なのかは、消費者の関心外なのが実情。国内テニス小売市場で始まった産業恐慌は間違いなく進む。この流れは止まらない。
a0201132_18392056.png
a0201132_17133006.png
ガット張りを支えるのは、テニス文化への嘲笑。「どうせ科学的な裏付けは役に立たないんだよ」、「お前たちは現実を知らない女子供だ」、「俺たちマジョリティが広めた通説の勝ちなんだよ」と、態度に表れます。誠実にテニスに取り組む人間ができるのは、彼らの低い知性に向かって、静かに笑い返してあげることです。

by alexanderhugh | 2019-01-08 10:00 | お客様の声
ガット張りと新自由主義
日本テニス小売市場独自のものがある。「ガット張り」と称する売買モデルである。新自由主義は、力のある者たちによる、力のある者たちの為の、力を増すための支配体制。類似の匂いがある。
a0201132_12291437.png
ガット張り通説が蔓延し、伝統と慣習になった市場では、ストリングをガットと呼び、ガットは銘柄で買い、テンションは無条件に低く、張り替えサイクルは早くなった。常識というイカサマが、かくもいい加減で人を苦しめる手段であるか、思考する習慣を捨てない人は分かっている。

a0201132_16515191.png

ガット張りを買い慣れると、正気なら望まない思考が皮膚から染み込む。根底にあるのはマジョリティーへの強烈な帰属欲求で、これが個人の意思の力と、個人の幸福に寄与する選択を奪う。銘柄で買う人は、ストリングの状態ではなく、商品名を買うので、結果は低品質にならざるをえない。明治牛乳なら中身が腐っていても明治牛乳と書いてあるのだから良いという理屈で、ガットという文字とパッケージを買う。テンションに関しても、フレームの推奨テンションはなかったことにして、40ポンド台にする。要冷蔵の牛乳パックを常温で保存して、飲んでも害がないと認識するのと類似する。3ヶ月で張り替えると数十年言われてきたのに、1度使ったら張り替えるとか、最長でも1ヶ月になっている。要は、どうでもいいのである。マジョリティーとお上の言うこと、同じ陣地に居れさえすれば、安全で安心で、強気で居られる。それが幸福の条件なのである。

社会は複雑系で、道理はたいてい通らない。嘘と騙しが日々当たり前。商売のマニュアルは、パターン別騙しのテクニック集。新人とアルバイトが人騙しが出来るのはマニュアルのおかげ。騙しに矛盾は付き物。嘘を糊塗する為に屁理屈と恫喝がある。屁理屈と人脈で、他人の財布からカネを抜くのが、簡単で強引なカネ儲けである。プロパガンダ全盛の時代が今。盲従がカッコよく、唯一安全安心な社会。テニスの買い物くらいを、道理が通る領域にしておけ。そういう、イカサマをしない人士が僅かに必要である。
a0201132_16110476.png
a0201132_06450340.png
a0201132_17133006.png
ガット張りを支えるのは、テニス文化への嘲笑。「どうせ科学的な裏付けは役に立たないんだよ」、「お前たちは現実を知らない女子供だ」、「俺たちマジョリティが広めた通説の勝ちなんだよ」と、態度に表れます。誠実にテニスに取り組む人間ができるのは、彼らの低い知性に向かって、静かに笑い返してあげることです。

by alexanderhugh | 2019-01-06 10:38 | お客様の声



USRSA TESTER | Master Racquet Technician | University of San Diego (B.B.A)
by プロストリンガー
弊店の屋号「プロストリンガー」を名乗る人物にご注意ください
 2018年8月14日
 プロストリンガー店主
a0201132_13350638.png
a0201132_09243558.png
プロストリンガー公式ウェブサイトはSSL保護されています(クリックして移動)

Address:
6-21-10 Higashi-Ueno Taito, TOKYO
03-5246-4465
Closed Wednesday
水曜定休
shop@prostringer.com

Reservations & Hours:
15 min. to get your racket strung by USRSA TESTER.
a0201132_09404705.jpg
プロストリンガーでは砂入り人工芝用シューズはアシックスを推奨します >>>ご注文を承ります
a0201132_11503531.png
a0201132_21575067.jpg
a0201132_13073755.png
a0201132_17350885.png
a0201132_18311237.png
a0201132_09000140.png
a0201132_18411271.png
a0201132_18235027.png
Books written by H.Saka, USRSA TESTER.
a0201132_12070074.png

a0201132_13224473.png

カスタムオーダーラケット発注フォーム
a0201132_15581799.png

a0201132_16044419.png
外部リンク
フォロー中のブログ
suzy's bar
BE TRUE ~I ...
さまようテニスプレイヤー...
realなtennisを...
悔いのないないテニス人生を
カテゴリ
全体
Racquet Service
アカデミー
MANTISラケット
お客様の声
グラフィンラジカルとスピード
GUT
庭球ネトウヨ
デビス杯、USオープン
テニスボール・バッグ・アクセサリー
Annuals+アルタナティブ
Apprentice
WESTWOOD Tennis Club
Your_Witness
プロストリンガー徒弟
カスタムオーダーラケット&ストリング
庭球ファシズム&庭球バンドワゴン
HEAD PRESTIGE
仕事の評価
American Baseliner
ガットの張替え時期
NEW BALANCE
テンション
グリップフィッティング
新黄金比適応化技術
asics
ナチュラルガットハイブリッド37選
ガット張りという悪意
小説
運動療法とテニス
BABOLAT
スイングウエイト
St. Christopher
ABSOLUTION TECH.
JAPANESE ELITE GATTO
GREAT STRINGS
スピンフロー・プロストリンガー
未分類
記事ランキング
ブログジャンル