カテゴリ:ガット張りという悪意( 10 )
真実から逃げるのは、テニスで半人前
a0201132_11464967.png先進国常識です。あなたが誰にラケットを託そうとしているのかを、それぞれが必要に応じて資格照会する

ヘンテコな理由でラケットを預ける人間を選ぶのは中世です。立場を守るためか 、カネが目的か、tennisをどれくらい悪用したいのか別として、職業資格にはグレードがあり、実績が重要です。市場に広められた常識に反して、結果に天地の差が出ます。洗脳されて事実を無視していると、一生をかけて生命を愚弄する為にラケットを握った結論に至ります。ラケット周りの真実から逃げ回るのは、どんな既得権者でも、テニスでは半人前です。
a0201132_06555282.png

〜10月、11月は定員に達しました
a0201132_07503751.png

a0201132_22195059.png
ガット張り宣伝ほど人生に無駄なものはない

[PR]
by alexanderhugh | 2018-10-03 10:02 | ガット張りという悪意
小学生が次の標的に

a0201132_18504446.png『ガット張りほど、おぞましい消費はない』ダイジェスト版

(引用始まり)

国内テニス環境が20代を殲滅した結果、虫食い状態になったテニス人口は、中高年が中核を占めるようになった。直近の8年は、経済的勝ち組の家庭に育つ子供たちが、次の標的にされている。

(引用終わり)

つづきを読む(第四章)


a0201132_22195059.png
ガット張り宣伝に注意


[PR]
by alexanderhugh | 2018-09-30 10:02 | ガット張りという悪意
なぜ、日本人はラケットを死なせて喜ぶのか
a0201132_09362978.png
Teykyu Morgue
「暴行されて死んだラケットたち」

a0201132_22201006.png
a0201132_22354952.png

己をおとしめ、己のラケットを死なせて、なぜ喜ぶのだろうか? 

この市場では、テニス人口が虫食い状態で、一番被害にあったのは、市場の中核を担うはずだった20代。二度と心が戻ってこないだろう。家庭が経済的に負け組だと、夢も希望もなければ、長生きもしたくないらしい。

20代を市場から追い出して飽き足らず、標的は10歳前後に移って10年。テニスで大事なことに、無関心な親が半分いるらしい。それでは悪意の罠に嵌められる。魂が壊れた大人同士、いい気分にさせられて、親は催眠状態。聞く耳を一切持たず、ラケットをせっかく握った我が子に、無間を作り出している。

おぞましくて、眼を開いているのが苦痛になる市場である。TENNIS文化を寄ってたかってリンチにかけた報いとは言え、何なのか、このおぞましさ、不条理は。

つづきを読んで学ぶ
a0201132_11464967.png
a0201132_22195059.png
ガット張り宣伝に注意


[PR]
by alexanderhugh | 2018-09-28 10:26 | ガット張りという悪意
死んだラケットたち
a0201132_09362978.png


死んだ後も引き摺り回されたラケットが、集められた場所。今日も、駅で、街中で、通学路で、「無関心お化け」が背負って運ぶラケットは、まだこの場所に来ません。もっと暴行されてから来ます。(学問して知る



a0201132_09581191.png

ガット張り宣伝に注意

[PR]
by alexanderhugh | 2018-09-26 10:32 | ガット張りという悪意
人とテニスショップの法則
a0201132_18435482.png
a0201132_22201006.png
a0201132_12071897.png

そこで、従来型の日本語解釈の知識に、テニス消費者が惑わされないことが肝要です。時代遅れの日本テニス小売市場は、積年の矛盾で機能不全を起こしました。新しい時代は、本当に正しい知識が必要です。でなければ、取り残されます。

ここに至っては、一時しのぎ的な情報で、これまでのインチキを誤魔化しきれません。「デマ」、「悪口」、「低脳」の類に属さない本物の知識、マジョリティーがこれまで、散々馬鹿にして、興味を持たなかった、先進テニス知識です。

カオスを経て、ようやく極東テニス小売市場に、新しい時代が来ます。道理が通る初めての時代、世界で一番遅い始まりです。(学問して知る



a0201132_10000890.png
ガット張り宣伝に注意


[PR]
by alexanderhugh | 2018-09-20 13:01 | ガット張りという悪意
警鐘 テニス消費者各位
テニス消費者各位

皆様がお暮らしになる庭球市場では、近年どんな非道も有りになったようです。

テニス先進国と比べて、日本はもともと規模が小さいテニス小売市場です。そして、テニス人口に対して、小売店数が比較的多いのが特徴です。日本でラケットが売れなくなった2000年以降も、ガット張りと称するイージーマネーを求めて出店数が増え、供給過多が常態化しました。

その市場では、年々モラルが劣化し、脅しや嫌がらせが横行するようになりました。ご承知の通り、小売店経営者の自己破産と会社倒産が目立ち、廃業か閉鎖する店舗が増加しております。特に、2017年後半から過去最悪レベルで全体の売上が減少しており、手荒な商売のやり方が更に広がる傾向にあります。

市場の劣化を表す顕著な例は、他人様が長年掛けて信用を築いた屋号にまで、手を突っ込む悪意の有り様(よう)です。今後ますます、テニスモラルが地に堕ちた庭球商売人によって、反社会的な非道が増えるものと思われます。道理が通らない市場においては、一瞬耳障りの良い謳い文句とマニュアル応対に隠された、狡猾な騙しを見抜く知識が肝要です。

最後に、弊店プロストリンガーが、古くは1989年から売買取引契約を結ぶ、テニスメーカー、および、テニス輸入代理店の関係各位と相談し、今回この発信に至りましたことを合わせてご報告いたします。
a0201132_09581191.png
a0201132_22165271.png

ガット張り宣伝に注意


[PR]
by alexanderhugh | 2018-09-19 10:03 | ガット張りという悪意
テニスで人を騙す話法
*世紀の数え方
20世紀=1901年から 2000年まで
21世紀=2001年から 2100年まで
a0201132_07493476.png
テニスで人を騙す話法

<対話マニュアル>
1. 基本的に、的を得た質問に答えない。
2. 次に、的を得た質問に答えない。
3. 最後に、的を得た質問に答えない。
4. 一方、どうでも良い質問には、力を入れて答える。

*的を得る:要点を的確に捉えている

客意識の強い消費者に効果抜群の騙し話法です。金をふんだくる商売人が、的を得た質問に答える筈がありません。金儲けに不利になるから答えたくないからです。

商売人は、だまされやすい客が聞きたがる台詞を聞かせます。客の知性を向上させる知識は最初から持ち合わせておりませんし、金を奪い取る情報と、客が要らないものを売るテクニックをマニュアル化して獲物を待ちます。

どうでも良い質問の筆頭は「ガットの銘柄と値段」です。この言葉を客が発したら、「葱を背負った鴨」登場です。最大のパワーで答えます。どれだけ大きい金額を、どれだけ長くふんだくれるか、力の見せ所になります。次に、客が「40ポンド台のテンション」を口にしたら、奴隷契約が確定します。親子二代の奴隷契約が締結されますので、商売人の感情がクライマックスに達します。家長が経済的勝ち組のおじさんで、自称頭が良い人物なら、家族全員から奪い取れる構図です。

カモネギ客に該当するキーワード

1. ガットを銘柄で買い求める。

2. 40ポンド台のテンションを受け入れる。

3. 利便性でショップを選ぶ。

a0201132_19322130.png
テニスの消費が簡単ならば、20世紀後半に一流百貨店が扱っていました。答えは、加工して技術を売るのが高リスクなので手を出しませんでした。百貨店はアホではありません。一流百貨店に来る客にテニス小売は向きません。既存の土俵でラケット販売とガット張りごっこを扱ったら、クレームの嵐でやり直しが過半数になります。テニスブームの時もやらなかったのですから、今日では、市場規模が余りに小さくて動機がありません。
#プロストリンガー
a0201132_10002893.png

a0201132_09105340.png

a0201132_09581191.png


[PR]
by alexanderhugh | 2018-08-17 10:01 | ガット張りという悪意
テニスでは商売人がファシズムを撒く
〜歴史修正主義者は「いい人たち」
高卒超の高等教育をお受けになられたら、これはもちろん、ご存知ですよね。記録をとらない、や、記録を破棄するというのは、先進国では野蛮行為と言われます。あったことをなかったことにする。これを歴史修正と呼びます。人が行うので歴史修正主義者。都合が悪いことはなかったことにして、自分の有利になるように、なかったことをあったことにするのですね。これを、歴史修正主義者の仲間たちと一緒に強引にやってしまう。日常で実行するのですね。そのための努力?数ですよ。日頃からリクルートを怠りません。

もちろん、どこにでも居る、「いい人たち」ですよ。いい人とファシストは相反しません。


〜ラケットヘの暴行
実際にラケットが暴行されます。証拠は、人が握るラケットの状態です。実際に、小学3年生のテニスをする男女が、2本のラケットを相対比較して、一方が暴行を受けたと視認できます。明らかに人によって暴行を受けて、外観がおかしい、細かい部分で壊れている、総合的にはフレームの性能が出ていない。相対比較をして、一方の優れた状態のラケットがあるから、一方が暴行を受けたと分かるのですね。


〜小学3年生が見破った暴行の物的証拠
ファシズムの物的証拠は、暴行されたラケットです。前述の小学3年生のケースで実証済みです。

なぜ暴行しなければならないのでしょうか?

暴行した方が都合がいいからです。辻褄を合わせると、必然で暴行に至る確率が高くなります。

つまり、論拠の始まりが嘘なので、必然で矛盾が出ます。論理的な矛盾が「嘘」で始まります。理性で見破ってください。次に必然で物理的な矛盾が発生します。そこに明かりを照らすと暴行の物証が見えます。矛盾を誤魔化すために、更に嘘をつきます。最終段階は力づくですよね。脅しと暴力です。ファシスト仲間に協力を呼びかけます。事実をなかったことにする。事実を支持する人たちを徹底して潰す。市場から追い出して後に抹殺する。


〜憧(あこが)れ
カネ漁りにはファシズムが都合がいいのです。カネが儲かるからラケットに暴行を加える。カネ儲けに憧れる人間は一定数おります。ファシズムへの憧れはカネです。

イージーマネーメーキング。一旦ファシズムで旨い汁を吸うと、ラケットへの暴行はやめられません。暴行が止まらないのは、支持者がいるからです。暴行されたラケットを好んで握るグループの中でも、TENNIS文化を積極的に冷笑して見下すのがファシストの支援者です。不条理を積極的に肯定し、不正義に抵抗する人々を徹底して蔑みます。不正、格差、さべつを生き甲斐にして、イジメへの加勢を楽しむ。自らがファシストですから、テニスをする時は当然ファシズムを握ります。

ファシストには主張があります。本当に優れたものを「悪い」と言い、酷い状態のものを「良い状態」とします。同じ理屈で、暴行の末に死んだラケットを「生きている」と言います。カネの為なら、死んだラケットすら赦しません。他者の命を奪う時でさえ、一切の容赦がない。

基本は中年以前でファシストになるのに、晩年で転向、もしくはカミングアウトする商売人もいます。簡単なカネが目的で、手段はラケットへの暴行とファシストとの親和。年齢を重ねても徳が身に付かない。むしろ不正や不道徳の容認が進む。ファシズムが浸透した市場の特徴の一つ。

ファシズムはファシストが憧れる楽園です。イージーマネーの実現とマジョリティーへの帰属欲求を最大限満たしてくれます。この地に出来上がった楽園を手放す筈がありません。他者を地獄へ落として維持する、彼らの楽園です。何でもやりますよ。法の上にいるから何でもするのだそうです。事実、何でもやっています。
a0201132_09105340.png


a0201132_09581191.png


[PR]
by alexanderhugh | 2018-08-16 10:53 | ガット張りという悪意
人生のコアな部分を汚さないでください
誇りのある日本人各位

握るものの真価がテニスの半分を決めます。あなたの周りの誰が否定しようが、Tennis先進国が共有する認識は曲げられません。いつのまにかファシズムを握ってコートに立っていませんか?皆で握ったらファシズムが気持ち良くなりましたか?

日常のイカサマと悪意をテニスくらいに持ち込まない、生き様に品格を持ってはいかがでしょうか。かつて日本の伝統文化に道の概念があったそうです。

未だ日本に根付いていない外来テニス文化慣習を悪用して、カネを漁る目的でファシズムを広める。どこまでもカネ漁りを最優先する。先人の誠実さと努力を殺したり、才能や存在を無かったことにしたり。都合のいいファシズムに憧れを持ち、奪う為にファシズムを握らせる。Tennis文化に怨嗟の念を持つ商売人の所業です。

a0201132_09105340.png

a0201132_09581191.png

[PR]
by alexanderhugh | 2018-08-15 10:10 | ガット張りという悪意
被害にご注意ください
テニス消費者各位

皆様がお暮らしになる庭球市場では、近年どんな非道も有りになったようです。

テニス先進国と比べて、日本はもともと規模が小さいテニス小売市場です。そして、テニス人口に対して、小売店数が比較的多いのが特徴です。日本でラケットが売れなくなった2000年以降も、ガット張りと称するイージーマネーを求めて出店数が増え、供給過多が常態化しました。

その市場では、年々モラルが劣化し、脅しや嫌がらせが横行するようになりました。ご承知の通り、小売店経営者の自己破産と会社倒産が目立ち、廃業か閉鎖する店舗が増加しております。特に、2017年後半から過去最悪レベルで全体の売上が減少しており、手荒な商売のやり方が更に広がる傾向にあります。

市場の劣化を表す顕著な例は、他人様が長年掛けて信用を築いた屋号にまで、手を突っ込む悪意の有り様(よう)です。今後ますます、テニスモラルが地に堕ちた庭球商売人によって、反社会的な非道が増えるものと思われます。道理が通らない市場においては、一瞬耳障りの良い謳い文句とマニュアル応対に隠された、狡猾な騙しを見抜く知識が肝要です。

最後に、弊店プロストリンガーが、古くは1989年から売買取引契約を結ぶ、テニスメーカー、および、テニス輸入代理店の関係各位と相談し、今回この発信に至りましたことを合わせてご報告いたします。

a0201132_17411878.png
弊店の屋号プロストリンガーを名乗る業者について

a0201132_22165271.png

インターネット上で、弊店の屋号「プロストリンガー」を名乗る業者が商売をしていると、取引先テニスメーカー、取引先輸入代理店、取引先学校法人、取引先テニスクラブ、並びに消費者各位からご報告をいただきました。

弊店は、ネット通販か実店舗販売にかかわらず、そのようなテニス業者、ガット張り屋と提携しておりませんし、関わりもございません。被害に遭わないように、十分ご注意くださいますようお願いいたします。

2018年8月14日
プロストリンガー店主
USRSAアメリカ合衆国ラケットストリンガー協会
USRSAオフィシャルテスター
USRSAマスターラケットテクニシャン


プロストリンガー公式ウェブサイトから
  ▶︎屋号プロストリンガーの由来
  ▶︎米加テニス業界紙インタビュー記事
   「デ杯アメリカチーム、USオープン、ATPツアー、WTAツアーでのラケットサービス実経験を話す」


ガット張り広告に騙されるべからず

↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓



[PR]
by alexanderhugh | 2018-08-14 09:35 | ガット張りという悪意



USRSAオフィシャルテスター|USRSAマスターラケットテクニシャン|アメリカ合衆国ラケットストリンガー協会認定ストリンガー
by (c) PRO STRINGER (c)プロストリンガー
著作権プロストリンガー
外部リンク
フォロー中のブログ
suzy's bar
BE TRUE ~I ...
さまようテニスプレイヤー...
realなtennisを...
悔いのないないテニス人生を
カテゴリ
全体
Racquet Service
アカデミー
MANTISラケット
お客様の声
グラフィンラジカルとスピード
GUT
庭球ネトウヨ
デビス杯、USオープン
テニス消耗品
Annuals+アルタナティブ
Apprentice
WESTWOOD Tennis Club
Your Witness
プロストリンガー徒弟
カスタムオーダーラケット&ストリング
庭球ファシズム|ジジイ的醜悪さ
HEAD PRESTIGE
仕事の評価
American Baseliner
ガットの張替え時期
NEW BALANCE
テンション
グリップフィッティング
新黄金比適応化技術
asics
ナチュラルガットハイブリッド37選
ガット張りという悪意
小説
運動療法とテニス
BABOLAT
未分類
記事ランキング
ブログジャンル